コンプレックスを解消してくれるザガーロ|さよなら薄毛生活

男の人

診療科による違い

医者

薄毛や抜け毛がどんどんひどくなっている場合は、AGAの可能性が高いです。AGA治療を受けることによって、薄毛を改善していくことができます。AGA治療を行なうときに重要になるのが、病院選びです。病院選びを間違ってしまうと、AGA治療も失敗してしまう可能性があるので、注意しておいたほうが良いです。AGA治療は、皮膚科や内科、美容皮膚科などで受けることができます。皮膚科や内科を受診した場合は、AGA治療薬のプロペシアを30日分処方してもらうのが一般的です。そして、再診時に副作用がなかった場合は、3ヶ月分処方するという流れになります。それに対して、美容皮膚科の場合は、問診や頭皮などの検査をしっかり行ないます。初回は1ヶ月分のプロペシアを処方するので、基本的に同じなのですが、検査に力を入れていることが多いです。また、プロペシアだけで効果が実感できない場合は、ミノキシジルを処方してもらうこともできます。皮膚科の場合は、AGA治療だけではなく、他の疾患も取り扱っているので治療メニューが少ないこともあります。AGA専門クリニックなら、治療メニューが豊富なので、自分に合った治療が受けやすくなります。

ミノキシジルは発毛効果が高い治療薬です。プロペシアは、薄毛を抑えることを目的としていますが、ミノキシジルは発毛促進の効果があります。そのため、髪をフサフサにしたいというときにはぴったりの治療薬なのです。薄毛を改善したい、発毛をしたい、というときにも皮膚科はサポートしてくれるので相談してみると良いでしょう。